今日は午後から、母と冷凍食品を仕入れに行きます。チラシを見て安かったもんで(*^-^*)
今は本当に様々な冷凍食品があります。特にパスタは美味しい。
お弁当の一品に入るので必需品ですが、なるべくなら自然の食品を摂るように心掛けたいと思っています。

ところで、中性脂肪が多いと嘆かれている方はどのように対策をされているでしょうか?
現在、中性脂肪を下げる効果がある特定保健用食品をご存知ですか?
通称、トクホです。

中性脂肪を下げるものではないんですけど、代表的なトクホと言えば、
「メッツコーラ」ではないでしょうか。
カロリーゼロで、食物繊維が含有されている飲料です。

中性脂肪を下げる物も勿論あります!
「イマーク」という飲料です。メーカーはニッスイ。

飲むだけで中性脂肪を下げられれば有り難いですよね。
飲んでいるから安心は間違いです。食事も気を付ける必要がありますよ。


私はファーストフードが好きなので、学校の帰りなどに友達と頻繁にハンバーガーなどを食べに行くのですが、

数あるハンバーガーショップの中でもモスバーガーを最も多く利用します。

昨日の学校帰りにも友達と談笑するためにモスバーガーに立ち寄ったのですが、見たことの無い珍しい商品がありました。

その商品は、ミスタードーナツの「フレンチクルーラー」とハンバーガーを足して2で割ったような見た目をしていました。

フレンチクルーラーを半分に割って、中に具材をはさんだハンバーガーのようでした。

インターネットで調べてみたところ、その商品はどうやらミスタードーナツとモスバーガーのコラボ商品らしいです。

フレンチクルーラーは砂糖でコーティングされているのですが、そのハンバーガーのバンズは砂糖ではコーティングされておらず、

バンズの間にはチョリソーなど、なんとも食欲をそそる具材がはさまっていました。

今回は食べる機会を逃してしまいましたが、次回モスバーガーに行く際には是非とも食べてみたいです。

今3歳の娘のトイレトレーニングをしています。



2歳頃から始め、うまく進んでいたのですが、

下の子が生まれ急に全然出来なくなりました。



オマルに座っても全然出す、パンツを履かせた途端に漏らすという感じです。





こうなってしまってはもうトレーニングしても無駄かな、と思って

3ヶ月くらいお休みして、最近やっと再開しました。



娘もやっと下の子がいる生活に慣れたのか、

上手にオマルでしてくれます。



しかし、私がトイレに誘わないと漏らしてしまうので、

後は自分から進んでいってくれるようになれば卒業です。



でもこれが難しいんですよね...。



目の前にオマルがあるのになぜか漏らす。

この前あまりにイライラして「すぐ目の前にあるでしょ!」ってつい怒っちゃいました。



トイレトレーニングでは怒るのはタブーなのに。

やってしまった。

でも早くオムツ卒業してほしいんですもの。



お金もかかるしもう3歳なので。

夏までにはとれるといいなぁ...。

さすがに皮脂が枯れた50代以降はニキビはなさそうですね。

女性であれば更年期障害の影響で皮脂もガクンと減少するのが50代です。
肌のハリも弾力もなければ皮脂もなくなるので乾燥するし、どうしようもありません。

それでもハリや弾力をなんとか保ちたかったらビタミンCでのケアがいいです。
若い人にはニキビ・ニキビ痕のケアに、年配の方にはシミ、シワ・たるみの予防に
なるのがビタミンCだからです。

詳しくは>>ビタミンCのニキビ・ニキビ跡に対する効果

アンチエイジングっていうのは何か?というと基本的には肌の機能を維持すること
活性化することだと思います。プラセンタ注射で成長因子を注入するとか方法は
あるわけですが、ビタミンCは手軽なアンチエイジングとしては一番です。

飲むビタミンCとしては医薬品のビタミン剤が安いですし、含有量も多いのでおすすめ。
化粧品はAPPSのビタミンC誘導体をイオン導入するか、ビタミンC美容液を使うのが
いいような気がしますね。

そろそろ蚊が出てくる頃なので、蚊取り線香を購入しました。去年くらいから香りつきの物があります。
今回は、ラベンダーの香りの蚊取り線香を買いました。
私は蚊取り線香の香りが好きなので、まだそんなに蚊は出てきていないにも拘らず、
就寝前に蚊取り線香を焚いて寝てます(;´∀`)何だか落ち着くんですよね。

肝臓と相性の良いオルニチンに含む食品をご紹介しようと思います。
シジミが代表的なんですけども、他にもあるんですよ!

例えば、チーズやマグロ、キノコを食べるとオルニチンを摂取する事が出来ます。
しかし、シジミほどの含有量ではありません。

アルコール摂取後にシジミの味噌汁を良く飲まされる方はいませんか?
これは、理に適っているんです。シジミに含まれるオルニチンが、
肝臓がアルコールを解毒しているのをサポートしてくれるのです。

シジミについて 【http://xn--navi-pl4coc3dwd8eoig2h.com/

スマートフォンを使い過ぎると何らかの病気になる、という警告の特集を見ました。

私も去年の11月半ばにスマホに機種変更して以来、毎日スマートフォンを使っており、
夜中の2時近くまでスマホで遊んでいるので、これはやばいなと思いました。

どんな病気になるかというと、首がまっすぐになってしまうとか、スマホからくる
ブルーライトで目の病気になってしまったり、スマホを持ち続けているせいで
手首の病気になってしまうという病気です。

ブルーライトの影響によって、最悪の場合、失明してしまったり、スマホからくる
手首の病気が悪化して、手術をしなければならない、という話も聞きました。

こういった警告が特集された以上、スマートフォンの使用時間を減らさなければ
ならないですね。

スマホからくる病気予防の為に、スマホの使用時間を減らし、しっかりと
休息を取る必要性があると感じました。

子供のころは真っ黒になっても時間が経てば肌色は戻ります。大人になると一部が
シミになって残ります。いったいこの違いは何なの?というと代謝力の違いです。

よく大人になってシミができるのはこれまで蓄積された紫外線ダメージが噴出してくる
からだといわれていますが、紫外線ダメージというのは別に蓄積されないんですね。

何が起こるかというと肌老化によって代謝機能を落ちるのでメラニンを排出できなくなる
ということ、また基底層が衰えることでメラニンが真皮に落ちてしまい、真皮にメラニンが
沈着してしまうことで真皮はターンオーバーしないのでシミが消えなくなるということが起こるというだけです。

基底層が衰えてしまうのは紫外線の影響なのでこれは頑張って日焼け止めをして
防がないといけませんし、ターンオーバーが衰えてメラニンを排出できなくなるのも
紫外線とそれによる活性酸素の発生が原因なのでやっぱり日焼け止めが大切です。

ようするに日焼け止めを使うのはメラニンの発生を抑えるためというよりも肌老化を
防ぐためです。肌が若々しくフレッシュであれば、メラニンが発生したところですぐ排出できますから。

ということで肌老化を防ぎ、代謝ケアをすることがシミ対策としては重要だってことなんですね。
代謝さえ順調であればシミは消えます。なので、保湿と睡眠はしっかりとるようにしてください。

どうにも消えないシミの場合にかぎり、ハイドロキノンのスポッツケア用美白美容液を使いましょう。

日焼け止めを使う目的と意味を履き違えないことが大切です。

私はこれまでに2度救急車に乗ったことがあります。

それはどちらとも、自分ではなく親族のためでした。

電話で救急車を呼んだのも私がしました。どちらとも休日で夜でした。
二つとも怪我によるものでしたので、今から思えば救急車を呼ばなくても
よかったかもしれません。

というのは、どちらとも大したことがなかったからです。

しかし、なぜ呼んだかと言うと、それは一つは大人がつまづいて転んで、
頭から血が出ていたことと、もう一つは子供が目の回りを怪我したからです。

ですから、少しあわててしまったと思います。

なので現在は、もし同じようなことがあったら、その経験をふまえて、
事前に相談することもできるようなので、見極めをしっかりしたいと思っています。

お疲れ気味

| コメント(0) | トラックバック(0)
どぅぁぇゎは〜〜〜(ため息)
年度末の大忙しで昨日までバタバタだったのがやっと終わりました。
おかげでまぶたがピクピクしています。

目薬も効かなくなりました。先週は朝・昼・晩と会社にいたため,コンビニ食オンリーで過ごしました。
いくらセ○ンイレブンとはいえ、揚げ物好きな私はきっとカロリーオーバー気味であること間違いなし。

4月に入ったことだし、少し体でも動かそうかな。
最近コレステロール値が気になりだした。周りの友人との話も健康診断や
コレステロールなんかの話題が多くなったりして・・・。
ああ、嫌だいやだ。

とはいえ、食べ物だけは気をつけなくちゃいけないと思い、
コレステロール 下げる 食事を参考になるべく健康的な食生活を心がけています。

それと運動ですね。
またジムに通ってみようかしら!?

30代ともなると白髪が目立ってきます。こればかりは仕方ないですよね。
ハゲるよりはマシだと思わないといけないと思います。

実際、この年齢になるとハゲ上がっている人いますからね。白髪を染めれば
まだなんとかなるので贅沢な悩みなのかもしれません。

そんなわけで、肌の老化には気をつけている人は多いと思いますけど髪の
老化についてまでは気が回ってない人が多いと思います。例えば紫外線は
髪は顔の3倍浴びるといわれてますが、UVケアしている人は少ないです。

さらには染めている人もそうですね。髪を染めるとメラニンを抜くので極端に
紫外線に弱くなってしまいます。これは本当に困った問題になるといえます。

意外によかれと思ってやっているヘアケアや白髪染めが髪や頭皮にとって
悪いことをしているケースがあるので要注意です。

参考サイト→ダメージヘア・白髪など髪の悩みを解決!

美容師さんもノルマや売り上げのためにウソをつくことがありますし、以前いった
理容室はシリコンは毛穴につまるなんて知識不足をさらしていたのでプロとはいえ
勉強不足の人がいるので気をつけたほうがいいです。